2017年 03月 29日
手仕事の医療・評伝 石原寿郎
f0103459_8522059.jpg 長年音信不通だった人が突然、思いもかけないお土産持参で現れました。石原先生の評伝ということどんな内容だろうと関心はもっていましたので、久しぶりの長話になりました。懐かしいお名前の出てくる評伝を暫く読んだ後、同じ頃、鈴木文雄先生にこれも読んだ方がよいよと頂いた書籍のコピー「補綴と生物学」で懐かしい石原先生の文章を読み返しました。石原先生が補綴学に取り組まれる前に、歯周病学から入られたことを知っておきなさいということで頂いたコピーでした。

 分担執筆のなかで石原先生は「補綴物の生物学的要件は結局のところ、次の二つに帰着する。第1は、形態および機能を正常な状態に恢復すること、すなわちrestorationであり、第2は、かくして恢復された状態を永く保持し、歯牙口腔の健康を維持増進すること、すなわちmaintenanceである。この両者を満足して始めて生物学的に正しい補綴物ということができるのである。」と書かれていますが、他の章では3/4冠、ピンレッジのことだけを書かれていますが、まだ咬合についての言及はありません。まだその前夜だったからでしょう。
 一方、歯周疾患に関する研究の歴史には広く触れられ、歯周膿漏なる名称はいろいろ議論があるように見受けられるが、われわれ補綴学的な立場からは歯肉炎、編遠征歯周炎、歯周症の3者を考えればよいであろうと述べておられます。
f0103459_815890.jpg

# by my-pixy | 2017-03-29 08:54
2017年 03月 28日
ビームバー
f0103459_8432083.jpg 閉店セールではないのですが、日頃はあまりお目にかからない方も来院されます。今日もトクヤマのお友達がいらっ去るようですが、中には技工士さんも含まれます。昨日は希少のなかの大型ラボの社長がお土産を作ってお見えになりました。
 1970年頃には成書にも記載されていたビームバーです。私も1〜2回はチャレンジしたこともあります。患者さんに嫌われる前方パラタルバーを何とかしたいという思いは同じですが、当時はクラスプ線による屈曲でした。鶴見大学出身のこの社長とは「すれ違い咬合」CAD?CAMなどで時々接点があるのです。

 こちらはお得意のCoCrですから見栄えはします。若手の歯科医に理解してもらうのは大変でしょうが、1970年代の翻訳書籍も持参して頂き珍しくもりあがりました。残り少ない日々でチャンスがあればトライしてみたいのですが・・・。

お問い合わせは横浜トラスト歯科技工研究所へ。

# by my-pixy | 2017-03-28 08:50
2017年 03月 27日
10人のセミナー第二回を終わって
f0103459_8164057.jpg さまざまな雑用に追われる中、第2回もぐら塾が終わりました。慌ただしい2日間でしたが実りの多い2日でもありました。写真は静岡図書館館長からの早朝メールで送られてきたものです。受講生の誰かが言っていた「この距離感は替ええがたい」という一言が見事に表現されたワンショットです。

 画像は人の経年変化と補綴物の移り変わりを表現したいと今回つくった画像です。ベースになっている写真は栃木の秋祭りの獅子頭ですが、キーワードは下顎前前歯群です。多くの欠損歯列で最後の残存歯になることが多い下顎前歯群が、職人さんの手で見事に表現されています。われわれの最近の合言葉「患者さんのヒストリー重視」が挺出傾向になっている歯列で再現され、素晴らしい観察眼に驚かされます。

 この他にも前回ブログネタにした技工デスクが、遥か長野県の伊那谷に移住することになりました。閉院は決まり瓦礫の山になるかと心を痛めていた書籍、診療室のキャビネットに続く大型移住が決まりほっとしています。これも土竜塾効果でしょうか。

 セミナー自体も双方向性のプレゼンテーションで、基本ゼミでは果たせない盛り上がりでした。月が変わると第二グループの10名とのお付き合いが始まります。会場は変わって少し広々しますが、熊本組の集団参加で盛り上がってきたようなわけにはいかないだろうと心を引き締めています。 

# by my-pixy | 2017-03-27 08:16
2017年 03月 24日
小さなセミナー第2回
f0103459_8184828.jpg 今週末は土竜塾の第2回です。上の写真は前回1月の風景です。この後ろに4名の方々がかくれています。
液晶プロジェクタがなくなって、HDMIケーブルで直結された画像の向上は誰の目にも明らかで、これまで発表前にくり返されてきたパソコンとプロジェクターの色合わせなどは、過去のものになりました。

f0103459_8155589.jpg 


 上半分の画像は今週末にプレゼン予定の画像受講者からの画像です。すべての受講生から送って頂いたプレゼンをこちらのスタッフの手で整理しました。このやり方、既に基本ゼミやもくあみ会などで定着していますが、煩雑ではあっても限られた時間の中で、当日のディスカッションはよりきめの細かいものにできます。症例を見る眼の共有化にもつながるので不可欠なステップになりつつあります。キーノートを利用することで時間的にきびしい状態でも対応しやすくなりました。

 後半は私のプレゼン予定ですがまだ続きはあります。好評だった下顎運動描記のデモも再演して頂くことになっています。
f0103459_8493485.jpg














 5月からはより快適な環境になる予定ですが10名の定員に変更はありません。(下段画像)

# by my-pixy | 2017-03-24 08:16
2017年 03月 17日
ラボ
f0103459_901188.jpg
f0103459_92444.jpgちょうどこの時期、ドイツではIDSと呼ばれる国際デンタルショーが開催されます。間もなく消えていくわが技工室も、1987年ケルンからの輸入品で、長い間、裏の出入り口として活躍してきました。
当時のカタログなども懐かしく見直しています。

# by my-pixy | 2017-03-17 09:02
2017年 02月 23日
書籍は静岡へ
f0103459_933668.jpgf0103459_97506.jpg
 静岡館長が平日1日を返上して中古書籍と挌闘して、ダンボー-ル16個を発送してくれました。最初はもう少し大型の段ボールで始まりましたが、若さとはいえ持ち上がらず、詰め替え作業に転じた頃の様子です。昼食はアボカドのリゾットで一息いれたあと、得意の休憩もなく汗をかきまくって奮闘する姿には頭が下がりました。

ただ道は半ばです。到着した段ボールの整理もあることご苦労様です。

# by my-pixy | 2017-02-23 09:12
2017年 02月 18日
王様のアボカド
f0103459_937447.jpg このところアボカドにはまっている。焼きたてのフランスパンにのせればそれだけでバターも要らない。輪切りにして醤油をかければビールのお摘まみにもなる。メキシコのアボカドを巡っては米国大統領も口を出していたが、デパチカで買ってくる「王様のアボカド」もなかなかだ。ひと味は違うが「貧者のアボカド」でも大差はない。

# by my-pixy | 2017-02-18 09:39
2017年 02月 17日
日本最終講演
f0103459_7582764.jpg このところどうしても「終」の字が続いてしまいます。ぺりオ巨人でインプラントでも大きな足跡を残され、日本からもイエーテボリ研修に参加された方も多かったJan Rindhe氏です。 門外漢の私にとってはカンチレバーブリッジや図のような文言など、好きになれないインプラントのセールスマンと決めつけていましたが、半日の最終講演にインプラントの話は出てこなかったそうです。
それは何より!と、こちらは炉端焼きでにしん漬けやはっかくの刺身などをおいしくいただいていました。

# by my-pixy | 2017-02-17 08:02
2017年 02月 15日
見送り
一つの決断をしたことで、さまざまな別れが続きます。昨日も20年のお友達を見送りました。f0103459_14481292.jpgf0103459_8424848.jpg

# by my-pixy | 2017-02-15 08:41
2017年 02月 03日
魔法の杖
 歯科医が後期高齢者の咬合崩壊症例に固定性の補綴物を装着しても、良好な結果は得られないともうどれほど繰り返したでしょうか?。それでも同種の質問症例は尽きません。「日暮れて道遠し」という言葉がありますが、最近の歯科雑誌などを見ていると、そんな風潮はどんどん強まっているような感じさえします。魔法の杖願望でしょうか、まじめで熱心な若手でもドラえもん願望からはフリーにはなれないようです?
Cr-BrからRPDへ、そしてオーバーデンチャーへという流れは歯科医療がつくった自然な移行だと思います。いくら患者さんの希望があっても、そこへ無理なく誘導してあげることも歯科医の大事な仕事のひとつではないでしょうか。しかしそれに気づくには長い年月が必要なのでしょう。

f0103459_7592973.jpg 下の症例は前歯だけは固定性に!という要望と大激戦になり、先方も新聞切り抜きなどをちらつかせ、壊れやすいプロビジョナルには結紮で抵抗されました。術後18年たっても感謝の言葉は聞けませんでした。咬合崩壊には到る前だったからこそ成り立った成功事例ですが、敗北例は次のもぐら塾当日にまとめてお目にかけます。

# by my-pixy | 2017-02-03 07:24
2017年 01月 30日
アクセス解析
f0103459_929960.png 熊本から帰って一週間ブログのアップをさぼっていましたが、幸いにもアクセスはあまりドロップしていません。通常であれば二日もサボれば急降下なはずなので、トチハラ効果かなとも思いましたが、内容を見ると2007年12月の「秩父山中 花のあとさき」などが頑張っています。二人のお年寄りを追った長期番組で、折りに触れPRはしていますがもう10年も昔のことです。

 フシギなことですがアクセスあってのブログですから、その仕組みには関心を持たざるを得ません。反面、最近のExciteのブログの管理画面などは気に入らないことが多く、先週のお休みも「もぐら塾」の準備と、ワイド画面への対応などに関連してのもので単なるサボりではありません。

# by my-pixy | 2017-01-30 11:20
2017年 01月 23日
新幹線で徳山・2時間で熊本へ・ソラシドエアーで羽田
f0103459_1533947.jpg
先週に続いて今週は、例年の徳山詣でに出かけました。前夜からの絶食は早朝7.30分の新幹線のあとも続き少々まいりました。しかし、終了後の九州新幹線は関門海峡を抜け小倉、博多を通り過ぎて熊本着まで僅か1時間半で、狐につままれたような感じでした。中学生の頃、久大線の筑後吉井から久留米経由で博多に通勤していたときの距離感が残っているためです。この後の熊本通いは1980年代以降のことですべて空路になるため、いつになってもこの距離感や位置関係は修正されないままになっています。

 昔お世話になっていた栃原歯科研修室では、スライドがデジタルに変わっていく頃の歴代Coolpixなど懐かしい品々に再会しました。1990年代以降のことです。その他、修復中の熊本城や恐竜も見せて頂きました。

f0103459_15175464.jpg

# by my-pixy | 2017-01-23 10:02
2017年 01月 15日
仙人に連れられ山北へ
f0103459_12582370.jpg 連日の歯科医スライドにアップアップになっていると、それを見透かすかのように、矢倉沢の水仙の写真がアップされます。そういえば今年は真鶴の水仙も見ていないと、土曜日を抜け出して大雄山線に乗りました。ブログで見ていた桜の樹の周りの水仙を見ていると、その背景になっている箱根の方に面白いところがあると、車で連れ出してくれました。
 
お天気は絶好とはいえませんでしたが右手に富士山、左手の山は...と思っていると手前に海があります。シルエットになっているのは伊豆大島、三原山なのです。と思っているとトーテムポール、縄文人の大集団。のぼり窯元に行くとは聞いていましたが、仙人にはいつもこの手でびっくりさせられます。窯元ですから薪はお手の物で薪ストーブは赤々と燃えています。工房の中の背の高いトーテンポールのアイディアはとうかがうと、ネウシトラと十二支が積み重なっているのだそうです。終始こんな笑顔で,
浮き世のしがらみなどどこ吹く風でした。埴輪治療院などという木札も下がっていて、大繁盛だそうです。酉年はあれこれひねくっていると怪獣になるそうです。そういえば....
f0103459_13462525.jpgf0103459_10221995.jpg

# by my-pixy | 2017-01-15 13:12
2017年 01月 10日
もぐら塾第一回
f0103459_1234012.jpg f0103459_8245452.jpg反省点も多々でしたが、クラウンブリッジによる多数歯補綴を課題に、二日間のセミナーが終わりました。写真はその最後に使おうと気合いを入れて作っていた画像です。
 こちらの思いがどこまで伝えられたかは不明ですが、1960年代以来の資料をすべて見直して16:9の画像に作り替え、模索の半世紀を臨床を通して総括したつもりですので、聞いて下さる10名の若手を得て幸せでした。長くこと戸棚の奥でくすぶっていたパントグラフや、数台の全調節性咬合器なども手にして頂いたことは、何かのお役には立つことと信じています。

 10人のメンバー中もっとも若い一人からメールをもらいました。「先生が普段仰っていることの真相を、試行錯誤の過程から垣間見ることができ大変勉強になりました。(ケースプレでよく見るゴシックアーチがセレモニーである、リン酸亜鉛セメントの有効性など多数)  顎運動の記録や咬合器の調節等に関しましても、その恩恵は少ないにしても一度は自ら学ぶ必要があると感じましたので、経験していきたいと思っております。」

 あれから三日、こちらにも嬉しい誤算がありました。初診から38年、もはやこれまでかと半ば諦めていた上顎智歯が存命になったのです。これで少なくとも40年の壁は越えられそうです。詳細はまたお話ししますが、嬉しい読み違い。若ければ喜んでCTでも買うところです。1968年のケルンで見たシーメンスのパノラマ衝動買いのように。


 

# by my-pixy | 2017-01-10 12:04
2017年 01月 04日
フィルム時代
f0103459_1211262.jpg もぐら塾も残り少なくなってきて、昔の資料探しなどが忙しくなってきました、ちょうど19990年代で、画像はフィルムとデジタルの移行期でしたが、何かを探し始めるとフィルム時代に戻っていきます。色調などは最近のものには敵いませんが、被写体の方はどうも当時のほうが面白いものが出てくるようです。
まだ元気もありましたし、テロも怖くなかったのでせっせとフランス通いをしていました。この画像も写真としてはお粗末ですが被写体は何だか忘れていました。製作者は彫刻家でフランスの片田舎で気楽な生活をしているようでした。紹介者は患者さんですが昨日のものよりアングルは少しましなようです。

f0103459_7361876.jpg

# by my-pixy | 2017-01-04 15:03
2017年 01月 01日
第九
f0103459_15521081.jpg 正月は家にいない生活を送り続けてきたせいで、有名な「第九」をきちんと聞くことはありませんでしたが、昨夜は始めから終わりまで息もつかさず見入っていました。
 さまざまな解説や紹介も驚くことばかりでしたが、何よりも100人からの楽団員すべてにピンポイントの視線を送りながら、指揮者として至上の時を過ごしておられる89才には脅威を感じました。まだまだかけ出しだ!言われ続けているような2時間でした。

# by my-pixy | 2017-01-01 16:06
2016年 12月 26日
もぐら塾の準備. その2
f0103459_16351033.jpgf0103459_15551528.jpg今年の残りも少なくなり、来年早々のセミナーの準備も大詰めです。テーブル付きの椅子6脚を並べてみました。この後、受付のデスクを少し移動して4脚を追加すればほぼ完了です。
 受講生側の質問、アンケートなども集まり、キャッチボールはすでに始まっています。
残りは技工室での実技、デモ的な用意ですが、最初で最後のなどということにならないよう祈っています。

# by my-pixy | 2016-12-26 16:04
2016年 12月 21日
ふしぎなお店
f0103459_8413969.jpg 朝7時半頃、地下鉄京橋駅を下りてぶらぶらとわがビルに向かって歩いてきました。小さな信号を渡ったところで見慣れぬ朝食の看板に気づき、様子をうかがってから、卵雑炊と、緑茶500円の看板に惹かれて入ってみました。
 細かなオーダーなどをお話ししているうちに、ただならぬ気配が漂ってきました。月曜日のサンドウィッチはあの赤トンボ製、和菓子は桃六等々です。さらにディスプレーを見ていると小さな小さなキューピーの頭が眼を惹きました。横2〜3センチですが小さな眼は細密製作でこちらを見つめているようです。
京橋と日本橋生まれで地元小学校というご夫婦できりもりされているようですが、白玉入り卵雑炊も抜群で、お代わりには海苔たっぷりのところてんを頂きました。
 来月8日の営業も確認しましたが、熊本の方々もし先日ご紹介した三井ガーデンホテルなら右隣だったのにと残念です。

# by my-pixy | 2016-12-21 08:45
2016年 12月 20日
もぐら塾の準備
f0103459_1064364.pngf0103459_106429.jpg
日時は迫っていても時間はたっぷりあるので、ボツボツ準備は進めています。ただ思い出多き品々がでてくるので、その都度時間が止まってしまいます。

2冊の咬合器のマニュアルも次々に増えてくる咬合器に、もう止めようと決心した頃のもので、Neyの方はカタログだけですが、大体そんな話聞き手が起きていてくれるかどうかも心配です。オールセラミックスの方は大丈夫でしょうが。

 いま私が苦しんでいるのはPSDからキーノートにデータを移すときの色の変化で、過去にも経験したことはありましたが今回はさらにひどく、あまりのことで元に戻して過剰修正して、二度、三度ということをくり返している。そこまでやらなくてもと思わないでもないのですが、せっかくプロジェクターのマイナスを取り戻せたのにと思うと諦めきれません。

# by my-pixy | 2016-12-20 10:07
2016年 12月 16日
投影画像4:3か16:9か
f0103459_9562953.jpg もぐら塾を間近にしてプレゼン準備に忙殺されています。新しい画像も製作する必要が出てきてこれまでのスタンダードを変更する必要がでてきました。すでに大会場での講演会では16:9が優勢になってきているようですが、私自身は2000年のデジタル化以来、自分のスタンダードとしてXGA、UXGAなど、どのサイズを撰ぶべきかに腐心してきました。その出発点は35ミリがどうなるか不安の中、サイズの大小が問題で、DXかFXかに関心はあっても、縦横比率にはあまり問題にしていませんでした。合成画像もでプロジェクターの選択もその延長線上で考えていました。

 しかし画像の指導権を握っていたカメラの衰退とスマホの躍進は、「ライカ版36×24ミリ」というスタンダードをどんどん過去のものにしていたのです。自分自身でもテレビもパソコン・ディスプレーも横長にしながら、画像サイズのスタンダードは見直しをしてこなかったのです。液晶プロジェクターに愛想をつかして4Kディスプレー導入しても、費用とサイズで50インチか60インチかということしか問題にしていませんでした。

 しかし取り付けられたテレビは当然16:9ですし、気がついてみればあのキーノートというソフトも、新規作成の画面は「標準とワイド」が選択できるようになっています。先進的にプロジェクターを使わないプレゼンテーションを謳いながら、やっていることはチングハングという始末です。貸し会議室を転々とするスタディグループと、移動しない会場を前提とするイベントでは、考え方を変えなければならないはずなのです。 このことに気づいて大幅な改革が必要になりました。パワーポイント的な生まれ育ちを嫌っている暇はないのです。せっかく液晶プロジェクターの枷を取り払ったのに、画面の両端を遊ばせるなんて冗談にもなりません。

# by my-pixy | 2016-12-16 09:56