2009年 02月 17日
バオバブの記憶
f0103459_15561668.jpg マダガスカルのバオバウをご存じの方なら、この樹の形何か違うことにお気づきになるでしょう。モザンピーク海峡をへだてたアフリカはダカールのバオバブなのです。
 まだ封切られてはいませんが、3月14日から渋谷と東中野でロードショーされるそうです。バオバウに熱を上げている私へ患者さんが持ってきて下さいました。

 幹の形が独特で、申し訳程度にしか葉先の枝がついていないマダガスカルのバオバブと較べると、さすがアフリカ大陸!いかにもたくましい姿で天を覆わんばかりです。猛獣がいないマダガスカルとの違いが樹の形にも現れているようです。

 月曜日NHKハイビジョンで、昆虫カメラマン海野和男さんによる、マダガスカル昆虫たちの紹介がありました。1ヶ月にわたるこちらの記録からも優しい虫たちの姿が沢山映し出されました。大陸から離れ一つの島として独自の歴史を刻んできたことや、植民地化された後もヨーロッパ諸国の抗争にまきこまれなかったことが幸いしたのでしょうか。

by my-pixy | 2009-02-17 16:35


<< マダガスカルの昆虫      スキーからフラに転身 >>