2009年 03月 30日
DLPのプロジェクター
f0103459_8215165.jpgf0103459_803418.jpg エプソンの2台のプロジェクターはともに5年を越す長寿になってきました。上段右と下段中央のELP7600が最古参で、PLUSはいなくなったまま小型不在の状態が続いてきました。
 3.18日の記事以降デモ機を借り出していましたが、その過程でTAXAN、BENQがともに液晶ではなくDLPであること、TAXANの加賀コンポーネントはPLUSの業務を継承していることが分かりました。ランプ切れでお別れになりましたが、DLPのマイルドな色調は気に入っていましたので、これがカムバックの決め手になりました。

 レンズが短焦点過ぎること、DVI端子がないことなど難点はありますが、2㎏弱の軽量さを活かして活躍してくれるでしょう。明るさやコントラスト比は兄貴分を抜いてすでにダントツ。大きさ重さを覚悟して光学系を変えDVIを増設すれば、デジタル一眼レフの撮像素子がCCDからCMOSに変わったようなことが起こらないとはいえません。すでにTAXANではそうした機種を発表しています。プロジェクターの勢力地図も変わってくるかもしれません。

by my-pixy | 2009-03-30 19:54


<< 4月 パリにて 1971      デジタル・パノラマ >>