2009年 05月 16日
2010臨床歯科を語る会
事情がありパンフレットを作り直しましたので再度アップしました。
f0103459_113434.jpg
 2009年の臨床歯科を語る会もあと1ヶ月半を残すだけになっています。1981年に都ホテル東京でスタートして間もなく30年を迎えようとしています。経費的にホテルでの開催は困難になり10年以上を日本青年会館で過ごしてきました。畳の大部屋にごろ寝を続けながらも修学旅行的雰囲気を大事にしていました。
 しかし世の流れには逆らえず2000年代に入ってからほ代々木の青少年センター、新宿厚生年金会館、駒場エミナースと渡り歩いてきました。できればもう少し定着したいと思っても、企業側の事情から次々に閉鎖などに追い込まれるのです。当分安心かと考えていた駒場エミナースも今年限りとなり、次の会場探しには松井宏榮先生に一方ならずご尽力頂きました。候補探しから始まって、下見、見積もりにたどりついたものだけでも数カ所に及びました。ホテル以外で、大会議場、中会議室、宿泊、パーティ会場をもち、手頃な金額の会場は見つかりませんでした。たまにこれはと思っても「結婚披露パーティ」優先の壁に阻まれました。ほとんど諦めかけた頃、最後に見つかったのがクロスウエーブです。
 パンフレット、見積もりから、下見の写真までを揃えてはずむようにお見えになった松井先生の笑顔は忘れられません。「そのとき歴史は動いた!」です。地理的なハンディキャップはありますが、到着後の2日間は快適な時間がもてるのではないかと思います。ただこの話は2010年の七夕のはなしです。今年は駒場エミナースですからお間違いのないよう!。

by my-pixy | 2009-05-16 09:07


<< 総義歯に手こずる      世にも不思議な物語 >>