2009年 08月 24日
バオバブの巨木
f0103459_14342558.jpg チェックインもそこそこに走り出して1時間ほど、ぼつりぼつりバオバブが姿を見せ始めました。始めは1本ごとに車を止めていましたが、まもなく右に左に現れる一段と大きなバオバブにいちいちかまってはいられなくなりました。それでも姿形に特徴があるとストップしていましたが、だんだん贅沢になりこの地域最大といわれるバオバブ目指して疾走し始めます。最後に出てきたのが巨木群の中でも一際目をひく、幹周りに27.4メートルというモンスターです。
身長180としても15人の大人がいなければまわりを取り囲めないのですが、あいにく周囲に人かげはありません。これが日本や中国だったら周囲に柵を作ってぞろぞろ見物するところでしょうが、ここマダガスカルには看板一つありません。まだまだ周りに立派なバオバブは尽きないのですが、最大を見たという満足感でようやくランチボックスを広げ遅い昼食をとり帰途につきました。成田を出てから仮眠はありましたが30数時間、長い長い1日でした。

by my-pixy | 2009-08-24 15:28


<< 第2日はおなじみのアンダバドアカ      いつもどおりの笑顔、笑顔 >>