2009年 08月 25日
旅は道連れ
 旅を楽しくするのもほろ苦くするのも天候と仲間です。今回はその両方でまたとない幸運に恵まれました。実質行動日数は5日間でしたがそのすべてが快晴で、写真背景用の雲がないことだけが少し不満でした。チーム編成は80才、60才.40才でしたが、中段まん中のM氏は現地採用のマラガシと見まがう顔色で、朝食以外はビールを欠かさず終始ムードメーカーでした。ただパスポートの写真と別人ではないか言われないかを心配していました。(ブログ1月)

f0103459_12382319.jpg総合ガイドはジョスリン44才、ドライバーはナイナ31才です。こうしたツアーではガイドとドライバーの身分保障は大きく違います。ホテルの食事に同席するのはガイドだけ、数日間寝起きを共にしてもドライバーはその輪に入れてもらえません。植民地由来の慣習なのでしょうがわれわれには馴染めないものです。ドライバーは現地語しか喋りませんが、それだけに反対に気配りはガイドの比ではありません。

ナイナも2児の父親のようですがすごく気の優しい奴です。タイヤのせいでかなり車高が上がっている助手席に戻るときもいつも気配りをしてくれます。ありがとうの思いをこめてThank you というとNot at all といいます。Your welcomeの方が良いんじゃないといいましたが、やっぱりNot at all と答えます。よく考えてみると「どういたしまして」に近い感覚は彼の方です。

ジョスリンは大卒エリートらしくフランス語はばりばりです。日本語も自分の用意している話ならべらべら話します。しかし何か質問しても答はほとんど戻ってきません。耳が悪いのか、聞き取りができないのか、答える知識がないのかは最期まで不明でした。一度は一触即発、そんなことで4回目もドライバーとは仲良し、マニュアル人間ガイドとは不仲でした。
付き合う時間は短いのですが、その土地、土地でサポートしてくれるガイドのガイドには素敵な人がいます。右下の写真は規模は大きいが組織は小さなチマンナベッツア国立公園のガイドです。いかにも地元の自然を愛し、それを紹介することに夢を懸けている感じが伝わってきました。おどけてバオバブに昇っていますがその足下にはサンダルが脱がれていました。

by my-pixy | 2009-08-25 19:48


<< 百鬼百舞      第2日はおなじみのアンダバドアカ >>