2009年 10月 20日
プレゼンあれこれ
 プレゼン原稿のにPhotoshopを使うことは今も昔も変わっていません。これに対してプレゼンソフトの方はあれこれ変わってきました。せっかく調整した色合いを変えたくないということで、Photoshopのレーヤーをそのまま使っていた時代もありましたが、後から見返したりするには不便でした。各レーヤーから1枚ずつのJPG画像をつくりGraphic converter、Media Proなどを使っていた時代がこの後に続きます。1回限りで流すだけならこれでも良かったのですが、始めに一覧表が出ることに始まり、プレゼン後のディスカッション時などにも、いちいちここに戻らねばならない流れの悪さは好きになれませんでした。

 キーノートが出てきて、宿敵パワーポイントとはひと味違う雰囲気にかなり惹かれましたが、明らかに元データより色調が悪くなることや画像サイズの制約で長続きはしませんでした。その後フォーマルな機会にはアパーチュア、小さな集まりはブラウズソフトのブリッジなどですませていました。今回 iPhoneによるリモコン操作のため久しぶりにキーノートを使ってみましたが、初期のものより画像サイズの選択幅も拡がるなど進化が見られました。当面キーノートを使うとしても、画像製作まで移行するつもりはまったくありません。これまで通りPhotoshopで作り上げた画像をここに読み込ませてプレゼンを行うだけですから、終わってからキーノートのデータは保存しないかも知れません。見直したり変更したりするにはブリッジの方が間違いないからです。

f0103459_11144257.jpgここまでを決めても画像送りを片手ではできない iPhoneにチャンスはありません。片手操作にはボタンでなければ不便だからです。両手をとられるとポインターを一時手放さなければなりません。ペンタイプのポインターは、一端手を離すと上下を間違えたりボタンの位置を探ることになり、つまらないことが話の流れを妨げます。週末の基本ゼミで借りたポインターが始めから手に馴染んだので、これにキーノートの前進後退のボタンがついたものを購入しました。

f0103459_13345658.jpgこれでiPhoneもペンタイプのポインターもおさらば。マイクとこのポインタだけを手に話せるはずです。この結果は10日後です。

by my-pixy | 2009-10-20 09:08


<< 11月 セシンブラ      被害者の会 >>