2009年 12月 24日
スタディグループ半世紀
f0103459_18271793.jpg
 1955年大学は出たけれど,患者さん治療など何も分からなかった頃にスタートした同級生の勉強会が、細々ながら今もつずいています。もちろんオリジナルメンバーはほとんどいなくなりましたが、若手への継承は今も毎月続いています。来年3月に記念セミナーを行うことにはなりましたが、同じ月に長時間のイベントがあったりしてなんとかもちこたえられるか今から心配です。
 生来の天の邪鬼で、インプラントに流れそうな執行部案にクレームをつけ総合演題を変えてもらいました。自分では気に入っているのですが、とばっちりを受けている人もありそうです。この背景画像は今年の1月、Macのソフトを使ってCT画像解析の実習をしたときのものです。Macが20台並んだ光景は圧巻でした。その後1年、若手の方はすっかり使いこなしていますが、言い出しもとの方は置き去り状態になってきました。

by my-pixy | 2009-12-24 18:43


<< デジタル1眼レフの10年 4.      カレンダー発送 >>