2010年 01月 28日
SXGA+のプロジェクター CP-SX635J
f0103459_11525340.jpg
 9ヶ月ほど前からデモを頼んでいた日立のプロジェクターが、ようやく宅急便で送られてきました。これまでなら日程が決まれば営業と技術の人がコンビでやってきて、説明をしながらデモをしていくのが常でしたがずいぶん変わったものです。自分で取説を見ながら使ってみたら元通りにして返送しろという連絡だけです。
 ここまでたどり着くにも働きかけはいつもこちら。それも立ち消えになりそうで何度も「もういい!」いいたくなりました。業界の大勢もすっかり変わったようです。エプソンのラインアップも100%様変わりしました。タクサンだ、ベンキューだなどという聞いたこともないメーカーが小型機では幅をきかせています。写真をきれいに見たいというユーザーはほとんどいないらしく、私の興味のある機種がどこにあるのかも分からなっていました。今回、日立のラインアップを見てその方向性に納得、またわれわれの購入したいような機種も見つかって、デモ機依頼になりましたが実に9ヶ月を要したのです。
f0103459_19125955.jpg
 アップル、エプソンなどの製品と較べると、接続方法、メニュー構成などが大きく異なり戸惑いました。しかし写真用のステッパーやコントラストチェッカーと同様なメニューを表示しガンマを調整する方法で一挙に成果が上がりました。下の2枚の画像でコントラストで色調が変わっていることが明瞭です。DVI 接続がないことなど数々問題もありそうですが、4000ルーメンの圧倒的な明るさ、エプソンのほぼ半分の6.5キロの重量など魅力は十分です。ただ少人数の会とは使い分けが必要でしょう。

by my-pixy | 2010-01-28 19:32


<< 2月 バルディゼール      ポーセレンは割れる、チップする >>