2010年 02月 11日
白い歯の末路は
f0103459_8255824.jpg
インプラント上部構造、装着後5年後の状態です。(画像クリックで拡大)
ポーセレンは割れるしハイブリットとかいうレジンは摩耗する。(2010.2.3)
そんなことは誰でも知っていることなのに乱用が気になるこの頃です。

咬耗は後方大臼歯部ほど強く起こるので咬合面のメタルアイランドは広めにしましたが、それでも咬耗は大きくリテンションビーズが見え隠れしています。(装着時の状態は「パーシャルデンチャー新時代」をご覧下さい。)

私たちは患者さんに評判の悪い「取り外しの入れ歯」ですから、原型は変えず復旧できる多様な修理法をもっています。その時の頼りの綱はメタルアイランドですが、レジンだけで咬耗とともに対合歯が挺出してしまっていたらお手上げです。患者さんのご希望には応えたいと思いますが迎合はNOです。こんなことはないという方は、強く噛めない患者さんに救われているだけと私は信じています。

by my-pixy | 2010-02-11 08:56


<< 東歯卒研フォーラム      2台のSXGA+プロジェクター >>