2010年 03月 02日
卒研フォーラム  7
f0103459_1118392.jpg 残りも1週間をきって大詰めになってきました。
 先週末のスクリーン事件はあちこちにご迷惑はかけましたが、Never give up でがんばり通しました。結論は備え付けの大スクリーンは無視して、240吋レンタルのものを持ち込むことになりました。リハはできないのでこれでだめならごめんなさいです。

 まわりを騒がせた分だけ自分の仕事をきちんとまとめなければなりません。資料の準備は十分なのですが、いろいろなホルダーに仕分けるうちに行方不明になったものが出てきます。話しをまとめる段階で一枚の画像が見つからずに頓挫、探し回っているうちにストーリーまでおかしくなるという迷走を繰り返しています。

 深夜「ひらめき」に目を覚まし、日の出とともにシャボン玉のように消えることも日課のようになりましたが、そんなことばかりもいっていられませんので追い込みに入ることにしました。内容となる小見出しは左側縦書きの6つです。
 それぞれに長期経過症例がついてきますが、隔壁で仕分けたことで全体像が見えてきました。4番スタディグループ、6番ボランティアのケースはカット、残る4つのパートに40〜60分をかけることにしました。

 強引なようでしたが仕切ることで話の目先も変わりますし、何よりも小分けして作業が進められます。1日1テーマづつでも前日6日の夕方には通し稽古にたどり着けるでしょう。

by my-pixy | 2010-03-02 11:47


<< 卒研フォーラム 8      3月  コペンハーゲンにて  68 >>