2010年 03月 21日
2010臨床基本ゼミ
f0103459_1702122.jpg ようやく二つ目のイベント基本ゼミ第一回にこぎ着けました。卒研や55周年とは違って少人数のゼミで準備が大変ということはないのですが、今年度の初回で未知の受講生が相手、初めての会場、来週の影響で飛車角抜きの運営など見えない部分が多く、春場所の白鵬に似た気分です。今夜の懇親会を終わる頃には新しい血を吸って元気になれるかも知れません。

自己紹介や懇親会の会話などを聞いていると明らかに時代の移り変わりを感じます。かって趣味の定番だったスキー、テニスなどはほとんど姿を消し、格闘技が2人もいたり、自分の家の食料自給率40%を目指して農業に励む若手もいたりして多様化は顕著でした。

 大半がこれまでの受講生の紹介ということもあってか、X線はアナログが多かったり、パソコンやデジカメの扱いもそれなりに手慣れている感じがしました。デジタル1眼レフも行き渡ってきたのか、かってのようなモンスターは見かけませんでした。これが日本全体の傾向ではないでしょうが、セレブとジミの棲み分けは進んできているようで、まずまずの滑り出しでした。
 

by my-pixy | 2010-03-21 08:16


<< アフリカの子供      火曜会55周年 >>