2010年 09月 27日
一本のインプラント
f0103459_8105331.jpg「パーシャル・デンチャー新時代」P106の症例です。やや先取りテーマでまとめただけに幾つかの症例で問題が起こっています。機会があればレポートしていますがこのケースは、あえて残してきた左下5が抜歯になったものの、かねがね維持力不足だったインプラントの上部構造を交換したことで、トータルでは目立った改善が見られました。
 三角形の支台歯配置にこだわって、付着歯肉もなく動揺もあった5を残してきたことは、患者さんに辛いブラッシングを強いただけだったようです。虎の子と思っていた5を失って一ヶ月ですが、同時に交換したテンポラリー用の上部構造はすばらしい効果を上げています。維持力が向上しただけでなく、義歯の動揺が止まっていることが、その表面から見て取れます。抜歯をされたが義歯は具合良くなったという患者さんの笑顔もそれを裏付けているようでした。メタル化していた外冠は床用レジンに埋め込まれましたが、2006年当時仮義歯で急増したようなスクラッチは見られません。

 このケースから分かったことはフィクスチャーへの負荷と支台装置のテーパー、材質などの問題です。これまでの経過から考えれば、フィクスチャーへの負荷に気を使いすぎた支台形態ということになります。臼歯部の単独植立などに多発しているインプラント体の破折事故を恐れていたが、これら無歯顎回避目的の使用では、対顎の条件も含めそれほど大きな負荷にはならず。二本の下顎前歯との二人三脚で良好な経過は間違いない。

by my-pixy | 2010-09-27 11:15


<< 10月 マダガスカル      小さな援軍 >>