2010年 10月 28日
デジカメ・新ラインアップ
f0103459_1747875.jpgf0103459_17473859.jpg マダガスカル通いがはじまったこの数年、不動のコンビだったD200・D300のコンビを交替することにしました。その中核だったD300は今も愛着の残るカメラでしたが、すでに3年余が経っていますのでこの世界では旧型になりつつあります。

 今日始めて交代要員のD7000を手にしましたが、やはりその質感や手触りなどには大きな落差を感じました。小さく軽いことは結構なのですが、持っただけで感じる存在感はほとんど無くなってしまいました。少し前だったらこれだけで計画は振り出しだったでしょう。しかし今回は機能優先を旗印にしたプロジェクトです。画質・色調・高感度・スピード・SDカードなど機能面では大きく水を空けられているので、ノスタルジックなムードにひたっている場合ではないのです。

 そうとは言い聞かせつつも、カメラ上部の小さな表示パネルや、D1以来なれ親しんできた左側ダイアルの様変わりには淋しさが隠せません。かって機能と共に愛着の男のオモチャとしても大切にされてきたフィルムカメラはもう存在しえないのですが、動画だ3Dだに追い回されるカメラ、写真の在り方にはなかなかついてゆけません。

 まだNEFにPhotoshopが対応していないので、当座のRAW現像対策としてニコンのNX2を一歩踏み込んで使わざるを得なくなりましたが、その使い勝手の悪さには辟易しています。長いこと使い続けたPhotoshop、FileMakerなどがバージョンアップの度に不用な機能だらけになっていくのも迷惑ですが老人にチェンジは禁物です。

by my-pixy | 2010-10-28 18:06


<< CFからSDへ      ついに発見・謎の掃除人 >>