2010年 11月 17日
D7000 口腔内
 ミニリングのオーバーホールやAdobe のRAW 現像非対応などがあって画像調整が遅れていました。Adobe Photoshop のRAW問題は相変わらずですが、使いにくいニコンNX2併用でなんとかやり繰りしています。
f0103459_18412371.jpg
 カラーエンジン更新の効果はたしかで、露出のブレが大きくなければJPG レベル補正だけで何とかなっています。しかし赤・黄のコントロールは思うにまかせず、この10枚ほどの中でも中央の選択されているものは左隣のJPG 画像に不満でRAWを使いました。しかしこれまで5年間すべてRAWを使わざるを得なかったことと較べれば大きな進歩といっても良いでしょう。
 ただRGB 各色256色のJPGと4096色のRAWでは安心感が違いますから、Photoshopが対応してくればやはりRAW中心に戻るでしょう。(画像は拡大できます)

by my-pixy | 2010-11-17 18:37


<< 風景写真と口腔内写真      またK-Macs 病 ? >>