2011年 01月 30日
下顎両側遊離端欠損
f0103459_1672778.jpgf0103459_1651781.jpg1932年生まれの男性。初診は1995年です.両側の水平智歯が顎位を支えています。性格はアグレッシブで還暦を前に歩くスキーを始めるや、持ち前の体力を生かし3〜4年後には鳥海山の春スキーに挑戦されるようになりました。この時期口腔内には2つの中間欠損の義歯が入っていました。 f0103459_16145585.jpg
初診から10年後の2005年、右8の築造体が脱落保存不能になり、2つの義歯はリンガルバーで連結しました。

 2008年左8が、2010年には右4がなくなり、当初、臼歯部を支えていた4本中3本の柱はなくなりました。さらに左下4もセメント質剥離に追われ動揺も大きくなっています。f0103459_16511542.jpgf0103459_1659986.jpg

 鉄人を支えるには下顎44インプラントが必至かと考えていましたが、この所めっきり弱気で、破折した右4の抜歯さえ逃げ回られるようになってしまいました。
 80才を目前にして!という気分はよく分かりますので、4点支持回復のインプラント案は撤回しましたが、交叉咬合で切端咬耗も続いている下顎6前歯で80代を乗り切れるか、厳しい挑戦の始まりも予感されます。二人の80才にどんなドラマが待っているかは神のみぞ知るということでしょう。

 ブログの限られた機能で苦心のレイアウトでしたが、ブラウザーが変わればグシャグシャかも知れません。メールでご意見お寄せ下さい。

by my-pixy | 2011-01-30 15:34


<< 2月 オーレスン      臨床基本ゼミ 2 >>