2011年 02月 16日
オーバーデンチャー
f0103459_81576.jpg2009年12月にも書いたケースの1年後です。こんなことは分かっていることですが対チタンでもパラと大差なく削られていく様子がはっきりしました。(下の写真拡大)メタル同志ならこんなことは起こりませんし、同一メタルがベストなことは当然ですが、オーバーデンチャーは低コスト化が至上命題ですから、できれば外冠は省略したいところです。さらに外冠を使えば周辺のレジン床が薄く破折しやすくなる問題もついてきます。後1〜2年もすればリテンション不足を訴えられるでしょうが、即重でウオッシュという安易な手があるだけにいつも迷うところです。
f0103459_19505725.jpg
 このレジンによるスクラッチは、義歯製作時、内冠をセットしてからのTekでもかなり顕著に出現します。柔らかいと思っているレジンにこうした性格があることは想像しにくいものです。

by my-pixy | 2011-02-16 19:52


<< 下顎両側性義歯 1. 平穏な...      コミュニケーション >>