2011年 05月 02日
中間欠損の義歯
f0103459_18435183.jpg定期的にリコールに見えている年配の患者さんに、新たな欠損ができたりすると、やむなくクラスプ義歯を装着することがあります。

このケースも両支台歯は修復されていましたが、それに手は着けたくなかったのであまり考えず2つのエーカース鉤を使った義歯を使いました。下顎の7が欠損していることで小さなすれ違い状態になっていることは分かっていましたが、前後にきちんとしたレストがとれたことで大丈夫だろうと考えていました。ところが2年後に義歯床の破折が起こりました。

by my-pixy | 2011-05-02 11:16


<< 中間欠損の義歯 2      5月  ボラボラ >>