2012年 07月 09日
幽霊入門
f0103459_1222817.jpg 今回お話ししたかったことはKA367もありますが私の経過観察の終了宣言です。もちろん臨床を止めては生きていけませんが、時代と共に一緒に旅をしてきた患者さんが亡くなられる中、これまでと同じことは続けられません。加藤周一さんが言われるように幽霊になってこれまでと同じ話しを繰り返すことになるでしょう。そして「花のあとさき」のむつばーさんのように、丹精こめて耕してきた畠を山に返すべき時期が迫っています。

f0103459_12395013.jpg 今年も新人発表できつすぎる発言をしてしまいましたが、その方から嬉しいメールと写真を頂きました。「KA367はまず三上先生に驚かされました。金子先生の膨大な臨床データを入力してその結果を調べようというその発想にも驚きましたし、新人発表で舞い上がっていた私を尻目にあの場で堂々とわかりやすく説明していたからです。
 一方で金子先生のお話を聞いて最初はオーバートリートメントをしないようにするためのツールなのかと思いましたがデータベースができた時にすごい威力を発揮するのではと思いました。また一方で「咬頭嵌合位を変更しない補綴はうまくいく」や「咬合崩壊ラインの前に4犬歯と嵌合位、大臼歯支持、智歯という生体が決める防波堤がある」というのは歯科医師としてまさにこれを日々大事にしないといけないなと思いました。」
 添付された写真には入門一年生とは思えぬ幽霊も写っていて、キャンドルは見えませんが発表画像そのまま3・67でたっていました。

by MY-pixy | 2012-07-09 12:18


<< NDの会15周年記念誌      7月 撮影地不明 ネパール >>