2012年 09月 05日
D800の口腔内写真
f0103459_12105310.jpg
f0103459_10442322.jpg
このカメラで口腔内写真の記事は書かないと思っていました。ところがふたをあけでびっくりです。
たぶんマイクロレンズとミニリングはD7000から取りあげられてしまうでしょう。この意外性を分かって下さる方は少ないでしょうが、ブッリジに並んだけさ撮った画像の画像からは何かを感じて頂けるでしょう。久しぶりでお問い合わせもくるかもしれません。哀しいのはへぼなプロジェクターでしか写せないケースプレの現状ですが、それでも診療室のシステムはフルサイズに変わるでしょう。

 その最大の理由は、撮りっぱなしで並べたブリッジの画像にあります。これまではとてもこんなフレーミングでは揃いませんでした。その秘密は思いもしなかったのですが、36×24のFXのファインダと、撮影に使った24×16のDXマイクロレンズというミスマッチから生まれました。大きなファインダのエリアの中にDXのフレームが映し出されることで、視野決定がきわめて容易になることはスポーツファインダーをご存じの方ならお分かり頂けるはずです。

by my-pixy | 2012-09-05 12:12


<< FXとDX      9月・ 遠くへゆきたい >>