2012年 09月 30日
思いもかけないプレゼン
f0103459_15554562.jpg
 RAWデータのことを書こうとブログを書き始めたが、3枚のパノラマと2010年、2012年の僅かな画像しかない症例が、カルテなどを繰り返して見ているうちに少しずつ思い出されてきた。

 まず下顎の義歯は遊離端の右側が沈下し、前歯部は浮き上がって外冠の唇側マージンは折れ曲がったり破折したりしていた。しかし装着当時から支台歯数のアンバランスには苦しんでいたので驚きはなかった。
 それよりも3日目になって、このケースが左右的臼歯部偏在のケースであることや、大臼歯支持はゼロで4犬歯残存に向かって、KA367を地でいく経過を辿っていたことにわれながらびっくりした。

 台風のように迷走したが、見えないところに隠れていたケースのこの結末には大満足だった。

本題からは外れるが上顎前歯部のインレーブリジは、1989年1月両支台を漂白した後。それに合わせて硬質レジンで補綴したものである。どちらも他の歯牙の変化にはついていけなかった。

by my-pixy | 2012-09-30 11:53


<< 10月 真鶴半島から大島初島      RAWデータのおかげで >>