2012年 12月 20日
リングストロボ応用術
f0103459_1333244.jpgf0103459_1347338.jpg  雑用に追われてさぼっていましたが、この間の来訪者の行く先をチェックすると、リングストロボとリアエントリーのスキー靴でした。後者は1回履いて放棄してしまったというのに何故か再三登場します。

 こんな話しはその後のラングの話しで充分なのですが、もう一つのストロボライティングの方は何も説明をしませんでしたので追加をしておきます。

本来リングストロボは真正面からのライティングをする道具ですが、画像のように取り外していろいろな角度からも照明できます。ニッシンのストロボはTTL自動調光ですから、こんな風にバックライトにしてもそれなりに調光してくれます。

 作例はこれからも出てきますが、デジタルカメラならではの特性を生かしていろいろトライしてみてはいかがですか。ケースプレの写真はどう見ても楽しいものが少なすぎます。

by my-pixy | 2012-12-20 13:18


<< 思いとはウラハラ      咬耗は弱いもの優しいものを狙って >>