2013年 01月 16日
歯牙移植やインプラントだけが歯列改変ではない.2
f0103459_1228580.jpg この状態でもリーゲルのようにロックする支台装置を使えば現状よりはましになるでしょう。しかし上顎の支台歯には終始牽引力がかかりますから歯は骨を伴って挺出し左右差はさらに拡大するでしょう。下顎が長い遊離端義歯で支台歯も不十分だから下顎にインプラントという選択肢もありますが私は反対です。

 上顎の大臼歯がなくなれば後は初診時から問題なしの下顎前歯群だけ、ここで少々気になるのは挺出傾向にある左下7だけと思っていたところ、歯冠ブラッシで手入れをしているが臭いが気になるという話が出てきました。チャンス到来とその日に抜歯してしまいました。
 
 これで左5が右に移動してくれれば完璧ですが、3のシングラムレストも効いていますからもちろんそこまでは追いかけません。増やすだけでなく減らす改変はお終いです。もちろん上顎の吸着は更に向上するでしょうし、患者さんのメインテナンスも長期的に万全です。

48才の患者さんは75才になられました。

by my-pixy | 2013-01-16 10:32


<< 電子手鏡はいま      歯牙移植やインプラントだけが歯... >>