2013年 03月 14日
ニコン機種選択のチェック項目
フィルム時代はメーカーの人達とのコンタクトもあって、圧倒的にペンタックスでしたが、1990年代にはデジタル化対応の遅れもあってニコンになり現在に到っています。この時代は気に入った機種があれば5〜10年は使い続けていましたが、D1以降はほぼ1年ということになってしまいました。この間使った機種一覧は昨日書いた通りですが、D80で少し安定する1999年から2006年までは悲惨な日々でした。スライドとはほど遠い色調に振り回されていたのです。
 デジタルになって少し安定したのは2007年のD300からですが、その背景にはRAWデータの定着があります。関連記事は当時のブログなどにも残っています。この後は次々に登場する「画期的新機種」に振り回されてきましたが、そんな中で私が重視してきたことは以下のような仕様です。
 1. カメラの作りと重量
 2. 光学ファインダーの重視(視野率・倍率)
 3. カラーエンジンの進化
 4. AFモーターの内蔵
 5. 動画機能や可変背面モニターなどの軽視
もちろん価格も問題ですから、D1、愛用中D1Xi以降はターゲットはいつも中級機に絞ってきました。5.にはだまされず1〜4を重視してきましたが、その時々で妥協が必要なこともあります。たとえば現在なら新製品のカラーエンジンはすべてExpeed 3ですが、私が愛用中のD7000は一つ前のExpeed 2です。それではD7100に買い換えるかとなるとまだその時期ではないと思っていますし、7万と12万という価格差を考えるとこれから買われる方への候補にも残ると思います。
f0103459_1021368.jpg

 2013臨床基本ゼミ、もう消えたかと思った○○テクノ、○○スペシャルなどの亡霊は徘徊を続け、画像処理ソフトなしでパワーポイント任せのプレゼンは健在。RAWを使っている人は皆無でした。歯界展望に連載してからそろそろ10年、ブログでも繰り返し、カメラのセミナーも回は重ねてもこんなものかとがっくりしますが、スマホの延長線上にしか画像を考えない人達には無理なことなのでしょう。

by my-pixy | 2013-03-14 08:48


<< KA367・臨床ファイル      賢いデジタル1眼レフ選び >>