2013年 04月 19日
5年目の里帰り
f0103459_813737.jpg このところバタバタと忙しい日々を送っていますがそんな中、2008年のパーシャル・デンチャー新時代に掲載したマラガシが帰って来ました。大型メタルボンドの下敷きになっていた支台歯が治癒傾向に入ったところは見届けていましたが、経済的な理由ですべて即重レジンになった可撤部はどうなったかと思っていました。

 いつ見られるかは分からない海の彼方のこと、3つのデンチャーを作っておきました。No1.はキーウエイの部分だけメタルにしておきましたから健在でしたが、あとの2つはレジン外冠の薄い部分が破折したりレジンのキーが無くなったりしていました。1ヶ月ほどは滞在するようなので、できれば今回はもう少しメタルを使いたいのですがどうなるでしょうか。

by my-pixy | 2013-04-19 10:06


<< 日曜美術館      もくあみ会・新抄録 >>