2013年 07月 26日
HP とブログとオンデマンド印刷
f0103459_8173218.jpg 机の上からあの鏡面ディスプレーが無くなって心静かに物事が考えられるようになった。空いたスペースに紙と鉛筆を置いておくとパソコンに縛られない発想も浮かんでくる。

 話しは変わるがブログは簡便な発信ツールで2006年から多用してきた。しかし契約によって表示画面から広告は排除しても、原稿をアップする入力画面や記事設定画面には広告がべたべたはりめぐらされ、さらにそれが動画化される傾向にある。とても考えながら原稿を書いたりできる状態ではない。

 そうした中で新規開業で医院の存在をPRしたい若手歯科医が業者に依頼してHP作成に走るわけだから、われわれから見れば「退屈な内容」になるのもやむを得ない。一方自分の進路もほぼ定まった上の世代は死に体になっているHPを活性化したり、自由にならないブログの縛りから抜け出して社会への発信を進めるべきだろう。そう考えると現在のリニューアルはまだ緒についたばかりだ。

by my-pixy | 2013-07-26 08:16


<< 1999年エンプレス2      個展 ? >>