2013年 09月 29日
2013臨床基本ゼミ修了
f0103459_82601.jpg f0103459_9312964.jpg まだ最終日のレクチャー実習は残っていますが、シリーズ最大の山場、受講生全員のプレゼンは昨日終わりました。それぞれ大きなプレッシャーの中での発表は大変だったろうと思います。セミナー途中での発表は任意でしたから見送りを決めこんだ人もいましたが、今回は講師陣もほとんど顔を揃える前での全員発表です。その上事務局の心遣いかお節介か、事前抄録までA4でプリントアウトすることになっていたらしく、よちよち歩きで口腔内写真を撮りだしたばかりの人にとっては地獄のセミナーだったと思います。


 ただ定員オーバー16名の受講生が一人の脱落者もなく辿り着けたことは何よりです。年齢制限無視の1名を除くと20台5名、30台10名の集団でしたが、みなそれなりに頑張ってきたと思います。「このゼミで学んだことを生かして」というプレゼン課題に忠実にケースを選択し、熟年組に混じって一人20台で敢闘したのが下のプレゼンでしたが、裏では所属スタディグループの手厚い支援を受けているようですから独力とはいえず、孤軍奮闘の受講生とは少しちがいますが、臨床は自分自身のものですし、私達の思いが随所に行かされた気持ちの良い発表でした。

 例年のことでその年のグループにニックネームをつけろと宿題を出されています。だんだんひらめかなくなっている昨今ですが、今日中に解答しなければなりません。「のみの市」なんかどうでしょう。ピンキリの巾の大きさがヒントです。場所はセーヌ河畔、がらくた骨董は並んでいますがインプラントは売っていません。
f0103459_84463.jpg


by my-pixy | 2013-09-29 08:26


<< フルマラソンから短距離へ      光の帆 >>