2014年 04月 29日
Canon G16
f0103459_8562281.jpg 後に写っているG2というのは多分2000年頃のコンパクトデジカメです。デジタル化でリングストロボが使えなくなった穴を何とか埋めようと悪戦苦闘していた頃のものです。当時としても大振りでしたがその厚みはかなりなものです。それでもこんなものに頼らなければならないほど困っていたことも事実です。
 当時のデジタル一眼はニコンD1かD1Xでしたがこの頃の画像は今でも見たくありません。先行したnニコンでしたが、 コンパクトはさっぱりで今なお特徴ないものを作り続けています。 一方キャノンはこのGシリーズを作り続け現在の16のなっても基本設計は変えていません。細部ではフラフラしたモデルもありますが、光学ファインダー、視度調整などは堅持され、アクセサリーなども踏襲しながら進化していくスタンスは見上げたものです。旧モデル14でふらついていた接写機能もきちんと直して16に進化していました。古くからの制約のなかでまとめられたカメラらしいデザインに惚れ込んで衝動買いをしてしまいました。
早速、取説のまとめかたなどケイタイ同様の悲哀を感じてはいますが、使わなくてもお金はとられませんから何とかなるでしょう。お断りしておきますがこのカメラ、口腔内写真に使うつもりはありません。そちらはレンズ交換できるデジタル一眼とマクロレンズの世界です。念のため。
 f0103459_9297.jpg連休のお供にD7000と一緒につれて歩きました。デジタル一眼で写真を撮る感覚とはちがいますが、少なくとも眼なしカメラのケイタイスタイルではなく、小さいながらクリアなファインダーで視野を確認しながら、ズーミングもできることにかなり満足しています。色調、描写も問題なしですがやはり近距離向きで、この写真の奥に並んだ漁船などの描写はいまいちです。

by my-pixy | 2014-04-29 16:19


<< KA367と、ヒストリーからの分類      EichnerからKA367 >>