2014年 05月 14日
1964年・12月25日 ホノルル 2
 しかしあのペースで遊びまわっていたらすぐに魂が抜けて浦島太郎になりかねない。ともかく底抜けの明るさ楽しさである。オフシーズンの雨期でもこれなのだから本格的シーズンが思いやられる。そういえば今日はクリスマスなので、あちこちからその音楽が流れてくるがこればかりは白々しくてピンとこない。街で逢った人にMerry Christmasと挨拶されてビックリした。それにしてもここの言葉は英語にしても日本語にしてもどうも難しい。それと日本語が話せると云ってもその底は浅いらしく、調子に乗って色々話し出すと怪しくなってくるのでどころ切り上げ所が難しい。歩き回ったのと2〜3日来の寝不足でクタクタになってホテルに戻る。しかし時間が惜しく一風呂浴びてレンタカーでもとまた出かけたが、出払って一台もなく一回りしてホテルに帰りベッドに倒れたまま1時間ほど何も知らずに眠る。

 目が覚めると辺りはすでに暗く、足は重いし靴を履くのも大儀だが時を惜しんで夜のワイキキへ出かける。つい先ほどまで裸で歩き回っていた連中が夜ともなると一応の服装をして歩いている。何か急にアメリカ的色彩が濃くなった感じだ。緑が闇に溶け込んでしまったせいかネオンのせいかともかくすっかり街の感じが違う。ローヤルハワイアンホテルはさすが老舗の貫禄で素晴らしい。南国の夜のムードを出していたが昼間と違ってヤンキーのみなので一寸馴染みにくい。建物自体は古臭いが一応貫禄があるし、庭の取り入れ方が巧みで開放的な建物とうまく組み合わされている。照明によってヤシの木が昼間とはまた別な効果をあげている。歩き疲れ食事をしようと表通りの店に入る。special dinnerのステーキの肉のまずさは苗場のカツを思わせる大変なもので、2$だと言い聞かせながら胃袋の中へ流し込んだ。

f0103459_935155.jpg12月月26日 ホノルル
 朝、ふたたび浜へ出る。昨夜は眠れず調子が悪い。しかしカメラを持って外へ出るとそれもまた忘れてしまう。浜で波乗りの真似事をしている男の子と友達になり、Sはとうとう泳ぎ始める。こちらはとてもそんな元気はなくカメラを振り回すのが精一杯だ。 少し早めにタクシーを呼んで寄り道をしながら空港に行ってもらう。ハワイアンアイでおなじみのHilton Hawaiian Village は、やはり至れり尽くせりの設備でここだけでも何日は退屈せずに写真も撮れそうだ。旅に出てから色彩効果か、何でも写真的によくまとまるのに驚いている。降りて歩きたかったがそれほどの時間もなくホノルルの市街に入る。ここで初めて遊びを離れたハワイの生活を見るような気がした。人間を除いては東京とそう大きくは違わない。銀座、丸の内あたり並みの印象だった。

by my-pixy | 2014-05-14 08:49


<< 1964年12月27日 サンフ...      12月25日 ワイキキの浜辺を >>