2014年 06月 02日
すれ違いは終わったが・・・・
f0103459_1250181.jpg2月から手がけてきた上下的すれ違い症例は、プラコンなどには時間がかかりましたが、短期入院も乗り越えて順調な経過を続け、本日をもって一段落しました。下顎は2つのワイヤークラスプの両側遊離端欠損義歯、上顎は智歯を含む5本の残存歯には内冠を装着しましたが、とりたててむずかしいことはしませんでした。その大らかな性格と、玄米粥,日本酒に救われて、初期のプロビジョナルから響かせていたタッピングサウンドはいよいよ澄み渡っています。両側顎関節にも上顎欠損顎堤にも無理な負荷がかけれてこなかったからでしょう。上顎大臼歯が失われることはこわくないので、術後経過についても心配はしていませんが、レジン外冠で充分機能しているので当分はこのまま行くつもりです。

 度重なる不適切な処置の繰り返しと、取り外し嫌いの患者さんの要望に痛めつけられたケースレポートをみるにつけ、ここまではパーシャル・デンチャー万々歳なのですが、良いことばかりは続きません。次の写真は1980年代からわれわれの歴代勤務医が対処してきた患者さんなのですが、右側5番の支台歯の破折でこれに支えられていた義歯の不調でお見えになりました。有髄歯だったので頑張ってきたようですが、それよりも前歯部のの咬耗には目を覆いたくなってしまいました。対症療法だけはとりましたがこれからどうすれば良いのか首をかしげるばかりです。
f0103459_17321435.jpg

by my-pixy | 2014-06-02 12:53


<< 咬耗      旅の終わり >>