2014年 09月 20日
フィルム・スキャナー
f0103459_1537194.jpg 今回大量のデユープを作ることになったのもフィルムからデジタルへの変換問題だが、もっと深刻だったのはD1に始まるデジタル一眼レフの色調再現の不完全さだった。フィルム専用スキャナーを使ったり、コンパクトデジカメではフィルムの色調がでるのだが、デジタル一眼ではままならないという状態が少なくとも5年は続いた。ニコンD1に熱中し、失望し、絶望して放浪を続けることがインターネットに足を踏み入れる羽目にもなり、無駄を承知で見果てぬ夢を追いかける旅は延々と続いた。多くの人が一度はこの経験をしながら諦めて、スライドに戻っていく人さえもあった。

 ふれ回って拠り所がなくなる苦痛から脱却できそうになったのは、RAWデータとその処理ソフトが安定してきた2005年のことで、私の症例記録もこの数年はきれぎれになっている。ようやく抜け道はみつかったとはいえ、まだ一眼レフのカラーエンジンは未成熟で、多数撮影時はOpcardを映し込んだりして調整の拠り所にしていた。
最新ではないD7000と較べても色調の奥行きなどは大差があるが、当時としては夢のようだった。

by my-pixy | 2014-09-20 16:25


<< 彼岸花      最後のスライド1997年ころ >>