2014年 11月 10日
必要にして十分な口腔内撮影カメラ.2014.
写真にまつわる諸問題を理解して頂こうとあれこれ書いたことが、取っつきにくい状況をつくってしまったと反省し単純明快なカメラ選びをまとめました。はじめにお断りしておきたいことは、歯科のマーケットはあまりにも小さいので個人の努力でいろいろやろうとしても、どうにもならないということです。

f0103459_833791.jpg1970年 リングストロボが欲しくて始めたアプローチは、ペンタックスとの出会いという幸運によって1984年に実りました。しかし2000年デジタル化の大波によってこの会社までがが消えるとは予想もしませんでした。その後多数のLEDを使ったり、マイナーなストロボメーカーの協力を得たりして、ミニリングには到達しましたが、販売と技術力の点で限界はみえていました。
 ニッシンMF18は、たまたま見かけた製品に注目しただけで個人的には何の関係もありません。サイズ、形態などではミニリングの方が優れていますが、自動調光の正確さと製品の安定性ではとてもかないません。自力開発はここで終わりにしました。

 85ミリマクロレンズは35ミリからAPSCへというサイズ変更に伴った最適レンズはこれしかありません。10年もの3rdパーティ製レンズ放浪の末ようやくの登場でしたが、これより長焦点では操作が難しく、短ければ像のゆがみが目立つのでこれが最適です。
 
 問題のカメラボデイは D1でAPSCへの先鞭をつけながら、結局35ミリのFXに急速に舵を切ったニコンへのささやかな抵抗です。決して主力製品ではありませんが、長く続きそうで低コストなシリーズを選びました。黙ってついてきて頂いても大怪我はないでしょう。先々のレベルアップのことも考えての選択です。1.と2.は相互に関連していることもお忘れ無く。上手に買えば15万ほどで生涯設計もゆるぎないはずです。オレオレ詐欺は高齢者だけのものではありませんからご注意を。
  
1.APSCのデジタル一眼レフ・ニコンD3200   約46000円
2.マイクロニッコール85ミリ接写用レンズ    約 59000円
3.リングストロボ・ニッシンMF18        約 38000円
4.このほかにSDカード、口角鉤・撮影用ミラーなども必要です。

 これまで私が行ってきたと同じ出版や大会場での講演もすべてこの機材十分です。上級機で違うのはファインダーの見え方など僅かなことですが、反対にカラーエンジンなどはこの入門機の方が新しいものを積んでいます。以前からサブカメラとして使ってきたD3000は今回D3300に交代し仲間に加えました。皆さんと同じ条件で使って行くためですが、これでわれわれは長く使っている本体750gのD7000と460gのD3300と2台体制になります。軽量の3300はリングストロボをつけたり、小さなレンズをつけてお出かけ用になったり多用途に働きそうです。スマホやミラーレスで2ショットや自分撮りはしませんからあくまで一眼レフです。

 フルサイズのFX機が花盛りですが、口腔内写真に限ってはその必要性は全くありません。FXにすればカメラだけでなくマクロレンズも大きく重くなりますから取り扱いにはマイナスです。幸か不幸かDX機は口腔内写真用のフォーマットとしては最適で、85ミリのマクロレンズも最適な描写能をもっています。ライバル会社には60ミリと105ミリしかありませんから社外品に頼るしかありません。

by my-pixy | 2014-11-10 15:45


<< レジン外冠のウオッシュ      口腔内写真もスマホで??? >>