2014年 12月 14日
ガラクタ趣味
f0103459_9512524.jpg この一年身辺整理に明け暮れているが見るべき成果は上がっていません。
 処分した荷物はかなりの量になるはずなのですが、空いたスペースにはどこかに押し込まれていたガラクタがのびのびしているだけで、次の行く先は決まっていません。背広もネクタイも20年ぐらい買ったことはないし、ショッピングモールなどには足も踏み入れていないので、 ガラクタの大半は海外旅行にまつわるお土産品のようです。
 旅行中には後ろめたさも手伝ってお土産の買い物には時間をとられるものですが、自分が気に入らない観光土産などは絶対に買わず、送り先のことも考えるのですが、ついつい自分の欲しいものとの境界がはっきりしなくなってしまいます。有名観光地のプラスチックやペンキで塗りたくったようなものを避けていると、上の画像のようになってしまいます。
 手作りなのに値段は安いマダガスカルなどは鬼門の最右翼です。一番左のバオバブの木などは全長70センチもある未完製品ですが、CADCAMなど糞食らえの味わいがあります。 
 スライドは何とか退治しましたが、やっつけのコピーにはオリジナルの味わいはなく、正倉院御物でもないガラクタとどう別れるかはさらに大問題です。

by my-pixy | 2014-12-14 10:39


<< ガンバ大阪3冠王に      デンタルX線用書画カメラ >>