2006年 02月 06日
トリノ・オリンピック
f0103459_16441822.jpg
今週末には第20回の冬季オリンピックが始まります。日本で行われた札幌、長野2回の大会にはそれぞれ思い出がありますが、なかでも長野オリンピックの時には、診療中にもちらほら見られるようにと、2台のハイビジョンを設置して万全の準備を整えました。ところが2度目の急性膵炎に見舞われ、皮肉にも期間中すべてを病院のベットで過ごすことなり、今なおその悔しさは忘れられません。2台のディスプレーはその後、環境ビデオ、患者提示用として働いてはくれましたが辛い思い出です。

 今回の会場となるトリノは、その南側になるニース、カンヌ、ジェノバや、北側になるシャモ二、バルディゼールなどを何度も訪れ、ミラノからスイスやオーストリアへのルートとしても、すぐ横をたびたび通過しながら立ち寄ったことがないのです。フェラーリ、マセラティの本拠でもあり、ピニンファリナのデザイン工房の所在地でもあったのに!と、トリノの紹介番組を見ながら悔しがっています。
 工場見学といった気はないのですが、毎月行われているという公道上のレースや、それに熱中する土地柄には大いに興味があります。また街の内側から北のアルプス南のリビエラという、たぐいまれな自然環境を体感してみたかったのです。

by my-pixy | 2006-02-06 16:43


<< トリノに思う      撮影地 >>