2006年 05月 22日
デジタル写真セミナー
2回目のセミナーが終わりました。
・これからデジタル一眼レフを買おうとされている方
・スライドの資産をデジタルに引き継ごうという方
・院長や先輩が作られた細かな虎の巻に忠実に撮影をされているスタッフの方
・今後もスライドに固執し必要なときはスキャナーでデジタル化する技工士
・術前と術後や、新旧2機種の色調不統一に悩まれている方
・RAWデータの実態と使い勝手を見たいという方
・貯まったデータの整理とバックアップを心配されている方
年代も撮影歴もさまざまな方々がいらして、そのできるだけ多くに対応したいと考えたので大変でしたが良い勉強にもなりました。

f0103459_11234132.jpg
スライド時代から、歯肉の色と歯の色にこだわる歯科医、技工士の感覚は、それらの色調についてはかなり厳しいものがあると感じていました。今回の準備中に、そうした要求のベースが、常に2つのものを着き合わせて比較する日常からきていることに気づきました。シェード・テイキングなどがその典型ですが、患者さんの要望も隣在歯との比較が中心ですから、歯科医、技工士が対処しなければならないのは当然です。
 印刷や広告なども色には厳しいでしょうが、専門職もいるでしょうし色数の多さに救われることも多いはずです。シェードガイドに見るような細かな色のステップを、異なる素材で再現するのは大変なことですが、同じような要求を日常のデジタル画像に求めても無理なような気がします。
 私はこの数年間2台のディスプレーを並べて使っていますが、どの世代でも2台の調整がうまくマッチしたことはありません。デスクトップからノートへ、そしてプロジェクターへというステップでも色調が目まぐるしく変わるのは誰もが経験するところです。ディスプレーのカラー調整器機も何度か試しましたが満足できる結果は得られていません。スライドのように固定されたものがなく、すべてかが容易に動いてしまうデジタル画像は、その反面、任意の調整には広範な知識と大きな努力と経験を要求されるのです。

 久しぶりにスクリーンに近い場所に座ってプロジェクターの画像を見ていると、その画像の荒さにはげんなりします。デスクトップで画像を作っているときには100%以下で見ているのに、映写時には同じ画像を数百パーセントか1000%近くにも拡大されているわけですから当たり前のことですが、スクリーンわきの演者席は針のむしろです。ついついレザーポインターを忘れて、ノートパソコンの画面に逃げ込みたい気分になってしまいます。プレゼンには丈夫な心臓と厚い顔の皮が必要です。

by my-pixy | 2006-05-22 17:30


<< ピンク色の転校生      ハイブリッド・セラミックス >>