2006年 03月 10日
口腔内撮影用ミラー 2
 この話題は04年の11月にも載せたことがあるのですが、どうもきちんと理解されていないようなので、再度、書くことにしました。問題はミラーの反射率が画像の明るさに大きく影響するということです。東京都産業技術研究所のテストでも7種類の市販品の反射率は最高97%から最低59%までばらついていました。

 その位ならたいしたことないじゃないかと思われるかもしれません。しかしそう簡単には行かないのです。もしストロボの光量を100とすると、ミラーを使わない正面観の撮影では、そのまま100の光量がカメラの撮像素子に届きます。ところが大半のミラーは反射率70%位ですから、ストロボの光が被写体に届く時には70になってしまいます。70の光で照らされた歯列の状態がミラーに反射させてカメラに届くには、もう一度ミラーのロスが避けられないのです。繰り返すとカメラから出たストロボ光とカメラに戻ってくる画像の明るさ両方で30%づつが失われるわけです。
 結果としてミラーを使わない場合と比較すると49%しか受光素子には戻ってこないのです。反射率が95%であれば往復しても90%は確保されますから無視しても良いでしょう。しかし半分以下になるのでは補正が必要です。テスト品の中で最悪の59%のミラーでは、正面観の1/3以下になってしまうのですから、ミラー撮影で画像が暗くなるのは当然です。

 抜本的な解決策は反射率95%クラスのミラーを使うことなのですが、市販品にはありません。コストを考えながら製造を引き受けてくれる相手を探すのは容易なことではありません。撮影頻度はミラー撮影の方が圧倒的に多いわけですから、こちらで基準を決め、正面観には一段明るさを落とすことが安直な解決策です。何れにしてもカメラだけではなくミラーは大切な道具です。平面度が悪く画像が歪むミラーもあるくらいですから。
f0103459_16171352.jpg


by my-pixy | 2006-03-10 17:43


<< 破折した支台歯      カムイ・リンクス >>