2006年 04月 23日
電子手鏡の8年  その2
 再構築に当たっては、デンタルX線撮影をどうするかという問題と、テレビかパソコンかどちらのディスプレーを使うかという2つの問題があります。
 現在はセレクターで切り替えてエルモと一眼レフを使っているのですが、この点はさして問題がないだけに大画面のテレビが優勢になってきたのです。いくら便利だといっても画素数的にエルモには限界があるのですが、カメラから入力するとなるとX線フィルムの撮影という問題が壁になります。シャーカステン上の撮影にはカメラの固定が必要になるからです。エルモを買いたくても現物がない人には、アクリルのチューブで固定する方法などをお勧めしていましたが、自分で使う気にはなれませんでした。
 スライドデュープ用の装置などのように、レンズの先端部に取り付けることも考えましたが、撮影時も外した時も装置がじゃまなになります。そんなことなら小型デジカメ撮る方が簡単そうですが、入力が2系統になるのでは何にもなりません。1台のカメラで現在よりシンプルな方法でなければならないのです。ISOを上げることも考えましたが戻し忘れが心配です。
 明るいシャーカステンでも手持ちは無理と決めてかかっていましたが、むかしリングストロボを光源にしてデユープをしていたことを思い出しました。被写体を明るくすれば良いのだと気づいてから、問題はすらすらと解けてきました。乳白色の蛍光灯にフィルムを近づけるとワット数にもよりますがF11で1/500位が切れます。
 手持ちならばフィルムを立てて横からの撮影の方がすべてが楽です。レンズとフィルム間は約16センチですから、カメラをキャビネットの上面で固定することもできます。
仕上げはランプの明るさと、間に挟むアクリル板の厚みをコントロールすれば、口腔内撮影と同じ条件、マニュアルでF19、250で、すべての撮影がまかなえることになります。ただしミニリングのスイッチだけはOffにして下さい。

 ここまでくれば一安心、セレクターもエルモも個別のシャーカステンの不要になりました。撮影台は自動現像機のそばに一台あれば十分で、キャビネット上もすっきりしました。どちらのディスプレーを使うかはゆっくり考えます。長年お世話になったエルモの行く先も考えて上げたいと思います。
f0103459_15181028.jpg


by my-pixy | 2006-04-23 17:52


<< 5月 タハ      電子手鏡の8年  その1 >>