2015年 04月 22日
すれ違い咬合の続き
 
f0103459_1524830.jpg
この後、1987年日本歯科医師会雑誌にシリーズの一部として執筆依頼が来たが、すでに祭りの後という感じで、白黒5ページということもあって力は入らなかった。ただ与えられた演題は無視して書いた文末の「すれ遅い咬合を防止するために」は50代半ばの力感があり今では書けない文章だ。

2000年臨床ファイル3をまとめるときには、見出しなどに英文を併記しようとしたが適切な言葉がなく、あちこち聞き回った末Suretigai occlusionで押し通すべきだという結論になった。先日の日本補綴歯科学会編の用語集では遅ればせながらnon-vertical stop occlusionとなっているが、海外にそういう概念がないのだから臆せず津波のように和製英語として育ってほしいものだ。

1987年の原稿で端を発したクロス偏在という概念や、KA367も、もくあみ会や語る会でブラッシュアップされながら、Suretigai occlusionの後に続いてくれれば、インプラント不要の日本のパーシャルデンチャーが確立される日が来ると信じている。Kennedyから100年、Eichnerから50年が過ぎ、自家歯牙移植も認知されるなか決して夢物語ではないのだ。

by my-pixy | 2015-04-22 13:41


<< デコポン北上      すれ違い咬合 >>