2015年 05月 13日
エナメル・ジョーズ
f0103459_17402889.jpg テーマと関連したケースを集めたところ、10症例のすべてが70〜80代の患者さんで、術者とともに加齢を重ねていることがはっきりしました。そこでの問題点と対応などを考えていく中で、これまではっきり意識はしていなかった幾つかの課題がクローズアップされました。何れも年齢に起因するもので即対応できるようなものではありませんが、欠損歯列の改変などという目先の問題ではなく、術前、術後に対しての長期的な展望を必要とすることで、歯科臨床で流れが切られたり不明確になったりしないような、経年変化の本来の姿を見いだすことの重要性です。
 その一つの情景がこの抜去歯牙です。まだ歯科医一年生の頃インレーのマージンをどこに設定すべきか多いに迷っていました。この歯牙に出会ってさまざまなことを考え、数十年大切にしまっておいたのですが、今回どうしても探し出せませんでした。幸い1枚の写真は残っていて、テーマを決めたときからそれを使うことは決めていました。まだリングストロボは使っていなかったことは分かりますが,正確な撮影日は不明なままです。エナメル・リングなど、このイメージから何かニックネームをつけたかったのですが、連想したリング状の環礁などと組み合わせたタイトル画像しかできませんでした。こタイトルはこのブログを書きながら無理やり命名しました。
f0103459_10403742.jpg

by my-pixy | 2015-05-13 13:25


<< ティアラからジョーズへ      トキメキ >>