2015年 08月 10日
1 day セミナー
f0103459_10202422.jpgf0103459_10565970.jpg 10時スタート、5時終了のショートセミナーでしたが8人の参加者にはもくあみ会の主力メンバーも含まれ、現役基本ゼミ受講生の提示症例も、完璧な事前抄録を用意してくれました。おかげで若手3名のプレゼンも1時間づつスタディグループ例会以上の緊迫感で進みました。テーマは一次固定と2次固定ですが、ペリオ症例と咬合崩壊症例により軸足の置き方が異なってくることなどを積み残しながら進行しました。
 事前の準備が行き届けば、無駄のないディスカッションができることが分かったことは、もくあみ会などの企画に役立つはずです。今回は8人中3人が女性という日本の内閣の上を行くメンバーでしたが,その壁は感じませんでした。中堅のパートはそれぞれが若手の面倒見に手をとられてか迫真の・・・・というところまでは届きませんでしたが、レベリングのためにはやむを得なかったでしょう。

 昼休みに私の急患でテレスプの患者さんが見えるハプニングがあったり、ちょうど修理改造中だった片側遊離端欠損の実物を、手にとって見て頂けたことは予期せぬプレゼンになりました。5時のバスで空港行きの方もあり、やや時間を繰り上げての懇親会でしたが、日頃鍛えたデパチカ、メニューはそれなりに好評だったようです。来年のもくあみ会に目が向いている中堅メンバーは、不良在庫のビールが効いたようです。午後8時、炊きあがった鯛飯でお開きになりました。それぞれにご苦労様でした。

by my-pixy | 2015-08-10 09:59


<< 1 day セミナー2.      OMOTENASI >>