2015年 08月 22日
マダガスカル航空に奪われた一日
f0103459_11224462.jpgマダガスカルの子供たちは大好きで、今日にでもまた会いたいくらいですが、マダガスカル航空は2度と乗りたくありません。成田出発の前夜になって接続便8時間遅延通知。現地バンコクでは何の案内も電光掲示板の表示も無く、予定1時間前になってもチェックインカウンターも無人の無責任ぶりは言葉もありません。

 現地にいるフランス人たちも困っているようですから経由地を変えることもできません。タイ航空は機体座席などもこの数年間でめっきり良くなり驚くほどです。特に5段階に調節可能なウインドシールドは6時間の休息には申し分ないシステムで、帰途乗り換えたとたんに日本に帰ったような気分になります。バンコクでもクーデターだデモだと騒ぎは絶えませんが、国としての安定感は格段の違いがあるようです。ちょうど6年前アンタナナリボでも小規模なクーデター騒ぎがあり政権が変わり、中国などと較べると日本との距離は遠くなっていることを感じました。残念なことです。

 2006年、5年間手塩にかけて育てたバオバブの苗を枯らしてしまい、マダガスカル通いを始めました。今回、部分的に思い出の地をたどり、5年前10年前と術後経過を見るように町や村、車や人、牛車や自転車タクシーブルースなどに注目しました。リゾートホテルある南部の漁村と首都アンタナナリボ周辺で違いますが、日本の過疎地と東京のようではありません。

by my-pixy | 2015-08-22 09:49


<< ヨレヨレになりましたが      遅い夏休みの前に >>