2015年 09月 02日
カメレオンに会いたい
f0103459_12343273.jpg 今回の目的の1つはカメレオンとの再会でした。上から2枚目の画像は2007年2回目の時のもので、マダガスカル唯一の幹線道路サザンクロス街道ドライブ中に子供たちに呼び止められました。始めはなにか良く分からなかったのですがよっていって見るとそれぞれがマイカメレオンを手に、それを見せてお小遣いをせびろうということでした。

この時までにバオバブ見物の道すがら、ガイドの人たちにあそこにいるここにいるといわれてはきたのですが、大体は夜間か薄暗いところで写真にはなりませんでした。その後バオバブの大きさや形に惹かれて各地を歩きましたが、このように立派なカメレオンにはお目にかかれず心残りに思っていました。上の雑誌などを見るにつけ思いは募るばかりでしたが、今回もそれに特化して候補地を探しても思うに任せず半ばあきらめかけていました。

最終、目的地のチマンナベッザ国立公園付近でも、ガイドの人たちの話でも期待は遠のくばかりでした。
最後の望みは、偶然にも6年前公園をガイドしてくれたフランシスによってもたらされました。(写真下)すでに転職し上水道の工事をしているようでしたが、夕食をともにし再会を喜んでいる間に、難しいが明日までに何とかするといってくれました。

by my-pixy | 2015-09-02 12:19


<< カメレオンを囲んで大パーティ      シャコ貝はひもがうまい! >>