2015年 09月 03日
カメレオンを囲んで大パーティ
f0103459_8321554.jpg翌朝、フランシスが弟とともに満面の笑みで現れました。この時になってようやく明日の昼まで待てといっていた意味が分かりました。ホテルの裏庭には小さな買い物かごが2つ置いてありました。

 昨夜、弟やその仲間とともに長時間、森の中を探し回ってくれたようです。少し小ぶりだけれど2色揃えてくれた優しさにも涙が出ました。マラガシ(マダガスカル人の意味ですが何となく誇らしげな言葉です)のこの優しさ、思いやりには何かわれわれに通じるものがあります。6年前自然公園を案内してくれた2〜3時間だけの記憶を大切に心に留め置いてくれる優しさには感動しかありません。

 夜には珍客2名を加え、ホテルの人たちも一緒になって白砂のメインダイニング貸し切りの大パーティになりました。ゲスト2名も肩や腕にのせられたりしても「ムラムラ」という形容詞そのままにいやな顔もせずつきあってくれました。最後には爪がかからぬビール瓶にまで上らされ「ドンブラ」(乾杯)です。

by my-pixy | 2015-09-03 08:33


<< ヌバを思い出す      カメレオンに会いたい >>