2015年 09月 06日
日本人観光客は知らない秘密の宿
f0103459_15431458.jpg 今回の使った旅行社はアフリカなどを特異とするところでしたがお付き合いは初めて。そんな中で6年前帰り時間がぎりぎりであわやギブアップというところでした。午後について翌朝4時発という今回のようなタイムスケジュールで,バオバブの木を見るだけであたふたと帰ってきました。目は欲しい料理にも手が出ず、思い残すことばかりでした。今回のの新しい旅行社にも前回写真を送るなどして確認していましたが、オーナーが変わったなどと不安な回答でした。

 正味4日ほどの今回の旅はその核心部分でしたが2泊を振り向けたことで、フランシスとの再会やカメレオンパーティなど想像をこえた二日間でした。つきあってもらったカメレオンたちにはコオロギなどのごちそうを用意して森に返していましたが、聞くところでは前回われわれのドライバーを務めた人が日本への輸出に関わっているなどという話もあり気になりました。

帰途昔と同じ陸路でアンタナナリボに戻りましたが、道路状況や交通量などは変わっていないのに、カメレオンを見せる子供たちにはまったく出会えませんでした。(帰ってみると、東京中野の爬虫類専門店で容易に入手できるようでした。複雑で悲しいことです。)

f0103459_8345731.jpg

by my-pixy | 2015-09-06 15:43


<< サザンクロス街道      ヌバを思い出す >>