2015年 09月 09日
地下水脈とワオキツネザルの関係
f0103459_123133.jpg臨床ファイルⅤの表紙についてのブログ解説で、理解して頂いた方も多いようです。こんな時一通のメールでも頂けると本当にうれしいものですが、見るだけ専門の方にはなかなか理解して頂けないようです。
 
 この木は菩提樹の仲間とことでしたが、今回は夏だったのでイチジクのような実を沢山つけていました。それを狙って水脈の岩盤に住み着いているワオキツネザルがはじゃぎながら食事をしていました。前回は年末の休暇時でしたのでこんな光景はみられませんでした。寒暖差はそれほどなくても植物の変化が、季節の変わり目になっているようでした。

 気になったのはこのキツネザルさたち、森をつたってホテル付近にも出没し、カメたちとにらみあいなどをしていましたが、今回はそうした光景は見かけませんでした。

by my-pixy | 2015-09-09 12:03


<< ドローンの脅威      臨床ファイル Ⅴシリーズ合本 >>