2015年 09月 15日
陸路に変えた帰途の楽しみ
 f0103459_874874.jpg夢のリゾートからボートで帰り、一泊してマダガスカル航空でアンタナナリボに戻るのが当初の予定でした。しかし出発直前これをサザンクロス街道のドライブに変えたのは、道路端にカメレオンを連れた子供たちがいるのではないかという期待とともに、8年間で何が変わったのかを知るには辛くてもこの方が興味深く、同行2名にとってもこのことは同じだろうと考えたからです。途中2泊は半ば捨てるつもりでした。出だしで期待していた子供たちには会えずがっくりきていましたが、コースの最後ではこのアウトレットモールに期待していました。

f0103459_884426.jpg 場所は正確には分からずガイドやドライバーにも伝えられませんでしたが、テニスコートや小さなプールなどもバックに備えた設計はいかにも初々しく、お土産の後ろ側で期待の目を輝かせる村人たちの姿もマラガシらしくて大好きな1枚でした。{左上)右下のお兄さんも愉快な人でピザか何かを頼んだと思いますが、女の子が遊びにきて甘えていました。
 しかし早すぎた夢は空しく空港なみの店舗のすべては閉鎖、人影はありませんでした。カメレオンの少年に続く第2の夢も破れ、悪路との挌闘だけが残りました。

いつもの台詞ですが「記録があると経過観察は面白い!」ものです。

by my-pixy | 2015-09-15 08:08


<< パーシャルデンチャーの機能と形      身内のドローン >>