2015年 11月 25日
動画とライブビュー機能を省いたカメラ
f0103459_1259313.png こんなキャッチコピーのカメラが来月発売されようです。とうと機能をを省いたことがセリングポイントになってきました。光学的ファインダーはついていますし、主旨に賛同して1台欲しいところですが皆さん募金にご協力ください。

    100万円あればほんの少しお釣りがきます。
    フィルムを使った栄光の時代の思い出です。
   
    日曜美術館のなかでアラーキーが使っていました。

by my-pixy | 2015-11-25 13:07


<< 修理リベースも可能、軽量新製品第2号      片側義歯から両側性へ >>