2015年 11月 26日
35年目の大ピンチ
f0103459_14445310.jpgf0103459_15365641.jpg
 1980年製のご自慢の片側義歯の患者さんですが、来院が途絶え心配していました。網膜剥離などで入院続きだったそうで突然来院されました。主訴は欠損側の内冠脱落でしたが、あわや大事件寸前でした。ひどいときにはうつぶせで就寝するしかなかったそうですが、義歯は取り外せと再三指示れて数ヶ月続いていたそうですが、この間に8番頬側歯頚部からのコンポジット脱落、顎関節症様の疼痛などが発現したそうです。

さいわい、支台歯の移動などはなく5番の軟象除去後、逐一もとに復旧していくことができました。今回はスーパーボンドの遁路に利用した小ホールを気づきながら放置していたことが、脱落の原因になったようです。
若干の咬合調整だけで決着したので、その後1時間ほどをかけて可撤部のりベースやレジンの置き換えもすませ、全快でお帰り頂くことができました。しかし患者さんも74才、まだしばらくは頑張れそうですが、上顎反対側にも不安はあり、今後さらに長期観察の機会をもてるかどうか気がかりです。

この1症例からは実に多くのことを学びました。
1.始めは義歯の欠損部補綴の強度不足で破折し金属咬合面を追加しました。
2.遊離端義歯だったものに8番のレストを追加し、やがてその補強、カリエス処置などで依存度は高まります。
3.対顎6番の挺出は当初から気になっていましたが手は加えませんでした。進行はしていません。
4。摩耗による5番内冠頬面のピンホールは数年前から放置してきましたが、リン酸亜鉛セメントにとっては歯頚部マージンからの溶解とは異なるダメージになることがはっきりしました。  
5.40才から75才の間に口腔内は徐々に狭くなり、8番は歯列からはみだしていきます。プラコンの良い人でも頬側歯頚部からのカリエスが防げず、ペリオを含め大切な咬合支持歯を喪失する危機が迫ります。(この人は2例目です。)
6.年齢とともに開口量は低下し咬合面などの撮影は困難になります。マクロレンズの変更が必要になるかもしれません。

by my-pixy | 2015-11-26 14:54


<< 好天に誘われて      修理リベースも可能、軽量新製品第2号 >>