2015年 12月 09日
バオバブとの出会いと別れ
f0103459_1401488.jpgf0103459_14213310.jpg 昔のHPの記録からまだブログを始める前の記事がでてきました。
 2001年の日記ですが、 この時点では直接写真で見るようなところに、行くことなどはとても無理と思っていましたので、手に入った苗木を丹精こめて面倒みていました。
 冬は温室のようなガラス張りの内側に、夏は比較的風通しの良さそうなところに移動するのですが、住んではいないので留守中のことが気がかりでした。
 さいわい順調に成長はしていきましたが、だんだん植木鉢が大きくなるのが悩みの種になりました。ワンフロア階段を上り下りしなければならなかったからせす。
 5年ほどが経ち、下段中央の写真のようにデッキチェアを倒しておけば辛うじてその木陰にはいることもできるようになりました。ところが悲劇はこの後に起こりました。厳しい残暑が9月一杯続いたのですが、雑用に追われて水やりなどができない期間が続いてしまいました。
 ようやぐ様子を見に行ったときには右のように変わり果てた姿になっていました。万が一にもとこの後せっせと水やりに通いましたがカビのような白い菌が出てくるだけで万事休しました。

追悼のためにもと単身マダガスカルに出掛けたのは翌2006年の5月でした。いろいろ声をかけても同行者は見つかりませんでした。

by my-pixy | 2015-12-09 14:00


<< 皮肉なことに      ハタハタ漁の時期 >>