2016年 02月 05日
ケースプレにならない症例
f0103459_10241211.jpgもくあみ会まであと3週間になり担当とのやりとりも次第に多忙になってきました。そんななかで思いついたことですが、会員全体で「私の医院の優等生」という症例を募集したらどうでしょう。ケースプレといえば どうしても特異性のある症例が中心になり、すれ違いだ、偏在だ、歯牙移植だ、 智歯だといったことばかりがクローズアップされます。しかし患者さんの歯の形のちょっとした異常で難しくなることもあります。そんな話題を探るためにも普通の患者さんに注目することも必要とではないでしょうか。
あるスタディグループの歩み4の座談会に掲載したような、普通の知り合いの患者さん100人ぐらいを見せて欲しいものです。8020などにはこだわず義歯装着20年なんていう方も大歓迎です。
 リコール予定もあるでしょうから今月末は無理かもしれませんが、来年のエントリーには間に合うでしょう。。正面感、咬合面観、パノラマX線写真、KA367で十分です。審美歯科ではありませんから、必ずしも美貌は必要ではありません。何れ担当をきめてお願いにあがります。
 

by my-pixy | 2016-02-05 10:17


<< 一人わが道を行く      ひとの経年変化に沿った歯科医療 >>